bsPAK85_deskshiryou20131223

【教室開業で考えること①】教室選びについて

2015年もあと1ヵ月を残す時期となりました。2016年から新たに自分の教室を立上げようと考えられる方も多いのではないでしょうか?当スタジオへ見学にいらっしゃる方の中にも新規立上げをご検討中のお客様が多くいらっしゃいます。

新規立上げを考えていらっしゃるる先生方から下記のようなお話を伺います。

「新しく自分の教室を持ちたいけど、何を考えればいいのか分かりません」 
「これまで他の教室で指導をしてきたけど、運営は初めてで経験がありません」
 「まずは教室を探そうと思い見学に来てみました」

新規立上げでわからないことも多いためこうなることは仕方がないかと思います。
ですが新規立上げで見学にいらっしゃる方に共通することが、先生として各教室において素晴らしいご経験を積まれてきたことです。私には一切まねのできないことをされ多くの方のご指導をされていらっしゃいます。一方でモッタイナイと感じることが、教室を開く前の検討段階において事業計画やマーケティングにあまり取組まれていない傾向があることです。

事業計画、マーケティングってなに?教室開業に必要なの?と思われるかもしれませんが大切です。
なぜならそれらは順調に収益を上げるためでもあり、開業を失敗しない要でもあるからです。もちろん事細かく完璧までに考える必要はありません。ですが教室の立ち上げから収益を出せるようになる近道であり、成功する可能性を上げるこ秘訣でもあります。

皆様からのご相談や、見学の際にお伝えした内容を踏まえて考えるポイントをまとめてみましたので、教室立ち上げを検討する際の参考にしてみてください。

 

【本日のテーマ:教室立地について】

教室という建物(箱)は集客人数と教室のイメージ(ブランド)に大きく影響してくる要素です。
なぜなら周辺に集まる人の数で集客数の潜在的な数値が変わりますし、教室の見た目や周辺環境でもお客様から見る教室観(ブランド)も変わります。

じゃあ条件は立地でいいんだね?なんて単純なものではありません、そこから地域性や集まる人の属性が異なってきます。

あくまでも総合的に場所を選ぶ必要がありますよ。

 

1、大阪市内の教室開設エリアは?

まずは大阪市を中心に教室を選ぶ時にエリアを定める必要があります。
私の方で3つ程エリアを分類しました。

A.一般属性とビジネス属性が混在するエリア
梅田、心斎橋・なんば、天王寺エリア

B.ビジネス属性(オフィス街)エリア
本町・船場、北浜・淀屋橋、大阪ビジネスパーク、谷町4丁目

C.一般属性(住宅街)エリア ※所得が比較的高い地域
市内:帝塚山、万代、上本町・谷町 6丁目
市外:千里、箕面、池田

分類するだけで地域毎の集客可能人口やお客様層、そして時間帯と曜日によってもそれらが異なりますね。

 

2、エリアごとの特徴は?

Aの一般+ビジネスエリアは市街地でショッピングエリア、ビジネスエリアが混在しています。年齢層も若年から高齢まで幅広い対象者が集まってきます。
そのため人口密度が多ため集客条件としては人が集まりやすいエリアです。しかしその好条件のため地価が高く教室のテナントを借りるには比較的多めの資金が必要です。
戦略を用いて短期で計画的に売り上げが出なければ継続が難しいエリアですが、集客に成功した時は最も集客ができるエリアです。

Bのビジネスエリアは20代~60代の働く労働人口が多い地域です。ビジネス地域でも働く人の属性が異なり、本町・船場は商社・メーカー、北浜は金融、大阪BPはメーカー・IT、谷町は行政・士業と特色も様々です。土日よりも平日のビジネスタイムが終わる18時以降の需要があります。

Cの住宅街エリアは若年から高齢まで幅広い年齢層の方がお住まいです。このエリアはお客様が集中しない地域ですが、その代り平日の日中でもお仕事がない専業主婦や仕事をリタイアされた高齢の方のご利用が見込めるため、朝から夜まで幅広い時間帯での営業が可能です。利用客の地域が限定されますが、地域や宣伝方法により改善はもちろん可能です。口コミで広がると定着しやすいこともメリットの一つです。

3、沿線毎のにも特徴が

沿線でも特徴があります。
JR、市営地下鉄、阪急、阪神、近鉄 大きい沿線でも周囲に5つありますね。
大阪市内であればJR、市営地下鉄、金鉄が主な対象となるのではないでしょうか?

沿線の属性については一度皆様の中で考えてみてください。
その地域のアクセスだったり、利用人数だったり、広告だったり、終電時間など。
様々なアイデアが出てくると思います。その想定した内容を紙にでも書き出してみてください。
それだけで地域ごとの分析ができると思います。

4、当スタジオはどんな地域?

最後にスタジオサンムーンがある 谷町六丁目 はどんな地域か簡単に管理者から見た特徴を挙げます。

大阪市内で唯一の台地である上町台地にあり、昔は大阪城の城下町にあったことから政治・行政機関が隣駅である谷町4丁目に位置しています。
谷町6丁目にあるスタジオサンムーンがある場所は江戸時代から武家屋敷が並んでいた場所で昔の御屋敷跡を建て替えたのが当ビルです。(話がそれました)
隣接駅の谷町4丁目駅は大阪府警、大阪府庁、大阪税務署、裁判所などの行政区画と士業や縫製業をはじめとするオフィス街と観光スポットの大阪城があります。

隣接駅は他に地下鉄谷町線谷町9丁目駅(近鉄線上本町駅連結)、地下鉄鶴見緑地線松屋町駅、玉造駅(JR環状線連結)と近鉄線上本町駅やJR環状線の主要ターミナルが隣接している地域です。

谷町六丁目 は住宅街で静かで不便という思いこまれている方が多いのですが、実際は利便性の良い地域です。
2、で列挙した地域でいうと BのビジネスエリアCの住宅街エリアを併せ持っている珍しい地域です。
そのため集客をビジネスエリアからし易く、日中の利用でもCの住宅街から呼んでくることも可能です。

集客人口としては繁華街と比べると少ない地域であることは間違いありません。
一方で地価が繁華街に比べ安価なため広く・駅近な立地であることにメリットがあり。
主要な交通ターミナルが近くにあることから、宣伝の打ち出し方次第で周辺のエリアから人を呼び込むこと が可能な地域です。

 

5、さいごに

いかがでしょうか?
このような分析を行い比較をすることで、自分の教室をどのような場所に開設すれば最も効率よく
教室の集客ができるか考えることもできますし、広報・宣伝の集団も異なってきます。
すべての教室をこのようにお独りで分析することは難しいと思います。

そこで実際に教室のテナントを管理するオーナーに地域特性や利用している教室の事例、
集客の方法などを相談することで分析するための情報を集めてみてはいかがでしょうか?
是非色々なレンタルスタジオに通って頂き、そこの分析を行ってみてください。

当スタジオまで見学にお越し頂ける方には無料で教室開講のご相談もお受けします。
新規で開業される方にはレンタル料も新規開業期間を優待しております。
何でもお気軽にご相談ください。

皆様の教室運営・開設・開業がうまくいくことをお祈りし、その実現のために当スタジオも全力でサポートします☆
一緒にがんばりましょう!